リゾート免許の価格

リゾート施設の免許合宿だと、価格が高そうというイメージを持つ方も多いでしょう。確かに沖縄の免許合宿だと、少し高めに料金が設定されているようです。料金は30万円ちょっと必要となります。沖縄の場合は、近くにビーチがあり、沖縄の観光名所も巡れるようフリー期間を設けています。そのぶん宿泊費がプラスされますが、沖縄の観光も楽しめるプランで、普通に沖縄旅行に行くより安いのが特徴です。

マリンスポーツを楽しめる免許合宿で、もう少しお安いお値段で利用したい方は、新潟、静岡、京都、鳥取、神奈川、長崎、宮崎などの免許合宿プランがおすすめです。料金は時期によっても多少異なりますが、20~25万円くらいです。沖縄をはじめ、その他の地域でも、マリンスポーツを楽しむ場合は、この費用に別途料金がかかるため注意してください。

一般の教習所に通った場合にかかる費用は、時期や追加費用が必要かによっても異なりますが、30万円前後かかることが多いようです。そのため、マリンスポーツを楽しめる免許合宿の費用はそれほど高いものではなく、オプション料金やレジャー費用をプラスしても、思ったより高額にならず利用できます。注意したいのが免許合宿施設までの移動費用は、自己負担となることがある点です。

できるマリンスポーツ

各免許合宿で利用できるマリンスポーツには種類があります。たとえば海水浴場近くに設けられた免許合宿では、海で泳ぐのはもちろんのこと、釣り場もあるため海釣りが楽しめるようになっています。合宿施設によっては、釣り道具から餌まで付いた有料プランが用意され、釣り初心者でも楽しめるプランが利用可能です。

免許合宿情報サイト━免許の匠
画像引用元 〔免許合宿情報サイト━免許の匠

ほかにも良質な砂浜が近くにある施設や、サーファーに人気のスポット、自然豊かな景色を満喫できる場所もあります。マリンスポーツを楽しみたい方は、ヨット、カヤック、ダイビング、クルージングなどができるスポットを選びましょう。選ぶポイントは海が近くにある免許教習所です。

マリンスポーツの利用は、教習料金には含まれていないため注意してください。安価なものでは初心者向けサーフィンコースで、5,000円くらいから利用できます。マリンスポーツ初心者の方は、ガイドや講習料金も想定しておきましょう。南国での免許合宿を選べば、短期間でダイビングのライセンス取得も目指せます。もちろん近くの海水浴場で泳ぐこともできるため、安価で旅行を楽しみながら免許取得を目指すことも可能です。マリンスポーツが楽しめる免許合宿所では、レジャー費用も少し多めに設定しておきましょう。

免許合宿の選び方

免許合宿は1人で利用する人もいれば、2人以上などグループで参加する人などさまざまです。免許合宿選びで重要なことは、合宿先でどんな生活を過ごしたいか考えることです。免許合宿の一番のメリットは、旅行気分も得られることでしょう。短期間で免許が取れて、費用が安いなども選ぶポイントではありますが、何よりも地元から離れてほかの地域の観光を楽しめるのが一番のポイントです。

そのため、免許合宿の多くは、独自のメリットを打ち出しています。田舎生活を過ごしながらのんびり過ごせる場所、屋外にテニスコートなどアウトドア施設を完備するところ、漫画やカラオケルームを設置して施設内で楽しめる場所などです。田舎だと施設周辺に自然が多く遊べるスポットを設けている場所や、海が近くマリンスポーツを楽しめる免許合宿施設もあります。都会ではアクセスの良さが売りとなり、休日に買い物や外食をしやすいメリットがあるでしょう。

免許取得とあわせてしっかり観光したいなら、マリンスポーツを楽しめる免許合宿がおすすめです。海の近くに免許施設を設けているところは、東北地方から沖縄まで幅広い場所から選べます。夏休みを利用して集中的に免許取得を目指しながら、休日は海でのレジャーが楽しめます。免許合宿は合宿中すべての日に教習を盛り込むわけではなく、週末などを利用し休日が設けられていることが多いです。教習を受けながらマリンスポーツを一緒に楽しみたい方向けの情報を紹介しましょう。